• 電話番号
軽井沢マガジン

結婚式の二次会、会費の相場と渡すときのマナー

 | 2016/09/29

Three women are toast with red wine

結婚式の披露宴が終わったあと、二次会に行く方も少なくないですよね。ただ、二次会とは言ってもやはり会費のマナーはあるはず。また、相場ってどれくらいなのでしょうか。性別や地域によって違うこともある、会費についてのマナーや相場をまとめてみました。

気になる会費の相場

二次会は、一般的に会費制で開催されます。お祝い事なのでケチケチしたくはないけれど、やはり呼ばれる側としては、その金額がとても気になるところでしょう。
二次会では飲食代の他に、ゲームの景品代や備品代などの出費があります。そのため、普通に飲んだり食べたりする金額よりも若干割高な会費設定となることがほとんどです。
それでは、会費の相場はいくらくらいなのでしょうか?

男女での会費の差

二次会では、男女で金額の差があることが多くなっています。これは、ビュッフェ形式・フリードリンク制で開催される場合、「男性は、女性よりも飲食量が多い」と考えられるからです。

実際の会費額をみてみると、全国平均は「男性6,100円、女性5,400円」、首都圏では「男性7,100円、女性6,400円」と、どちらも700円の差があります。
また、差額自体を比べた場合「男性の方が1,000円~1,499円多い」が50%、「男性の方が2,000円~2,499円多い」が10%。男女同額は29%となっています。
(ゼクシィ 結婚トレンド調査2015 調べ)

地域によっても金額に違いがあった!

地域によっても、意外と金額に違いがあるようです。

地域別に会費の平均金額をみたところ、男女ともに最も低いのが「北海道」の3,400円。「男女同額」が9割以上と際立って多いのも、北海道の特徴です。
平均でもっとも高額になっているのは、「関西」の男性7,400円・女性6,600円。次いで「首都圏」の男性7,100円・女性6,400円。以下、「東海」の男性7,100円・女性6,300円、「富山・石川・福井」の男性6,300円・女性5,400円と続きます。

ここまで平均金額を見てきましたが、「会費なし」または「1万円以上」という二次会を開催しているカップルも、少数ながら見受けられます。
「相場」はあっても、開催方法や内容は人それぞれです。値段だけを見て一概に「高い」「安い」とは言えないのかもしれません。

二次会に欠席する時は……

披露宴に参加して二次会も…となると、ご祝儀プラス二次会の会費が必要になります。やはり出費が大変!という方は、もちろん無理に参加する必要はありません。ただし、「お祝いする気持ち」「出席したい気持ち」はあるということもしっかりと伝えましょう。

欠席の理由に関する配慮

「お金がないから」と言ってしまうのは、あまりにもぶしつけです。

「親戚の集まりがあって、披露宴のあとはすぐに帰らなくてはいけない」

「会社で抜けられない会議がある」

「他の友人の結婚式と重なってしまい、披露宴はこちらでお祝いさせていただくけれど、二次会はあちらへ」

というような理由で、「ぜひ出席したかったのですが、どうしても……」と伝えれば、相手にイヤな思いをさせずにすみます。

自分の結婚式の二次会に参加してくれた方が新郎新婦の場合

「残念ながら出席はできないけれど、ステキな二次会になりますように!あとでお話を聞かせてください」といった言葉と一緒に、プレゼントを用意するなどの配慮をしましょう。

二次会の会費にもマナーがある

二次会の会費は、ご祝儀とは違います。とはいえ普通に食事に行くわけでもないし、ふくさに入れるほどのことでもないだろうし……と迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
どうすればマナー違反にならず、スマートに出すことができるのか、解説します。

ご祝儀と会費の違い

結婚式のご祝儀は、新郎新婦へ渡すお祝いです。渡す側の名前を書いた「ご祝儀袋」と一緒に新郎新婦に渡るため、新札で準備し受付では格式を重んじてふくさから出します。
いっぽう、会費は飲食代や景品代などでお祝い金ではありません。受付で金額の確認をしてもらっての支払いとなります。

会費の出し方

受付で支払うことになるので、お財布から直接出してもまったく問題ありません。ただし、釣銭が必要となると受付の手間をかけさせてしまうので、ピッタリの金額を用意しておくようにしましょう。
お財布から出す場合「うっかり、ちょうどの金額がなかった!」ということも考えられるので、事前に封筒に会費を入れておいて そこから出す、という方法がオススメです。その場合、封筒はゴミにならないよう、持ち帰るようにしましょう。

新札を用意するべき?

新郎新婦へのご祝儀ではないので、必ずしも新札を用意する必要はありません。また、完全な新札はお札同士がくっつきやすく、その場で数え難いというマイナス点もあります。
ただ、ヨレヨレのお札では、受付で出すのはちょっと恥ずかしいかもしれません。シワが少なく、きれいなお札を用意しておくと安心です。

会費より多めに包む?

会費が決まっている二次会では、それと別にご祝儀を包む必要はありません。「お祝いの気持ちをこめて会費に上乗せしたい」と思っても、多く出してしまっては受付の人が混乱するだけです。

個人的に別途お祝いの気持ちを表したい場合は、プレゼントを贈ると良いでしょう。
ただし、二次会当日の新郎新婦には「もともと荷物が多い」「翌日からハネムーン」など、様々な事情があります。相手に負担をかけさせないために、結婚式の1週間前くらいまでに送るか、後日落ち着いてから「欲しいもの」を聞いてプレゼントするなどの気遣いをしましょう。

まとめ

新郎新婦の家族や親戚・上司なども出席する結婚式と違い、友達を中心とした二次会は気安い雰囲気で開催されます。最低限のマナーを守れば、大丈夫。気心知れたご友人と一緒に、リラックスしてお祝いし、楽しんでください♪


pagetop