• 電話番号
軽井沢マガジン

プロポーズの指輪を選ぶ前に知っておきたい「選び方」と「渡し方」

 | 2016/11/10

どんなプロポーズをしたら彼女に喜んでもらえるだろう……。プロポーズの象徴である指輪は重要項目。高い買い物であり、一生の記念であるだけに、選び方と渡し方はしっかりと準備したうえで行うのがおすすめです!プロポーズの指輪をどうしようかと考えている方のために、よくある疑問をまとめました。

Beautiful engagement ring

<関連記事>
⇒いつどこで渡す?サプライズな婚約指輪の渡し方【実例10選】

⇒結婚指輪と婚約指輪の違いと、両方買うべきかどうか

⇒プロポーズで贈る花束の失敗しない選び方・渡し方

⇒プロポーズの場所はどこで?レストランvsその他 アイデアピックアップ

⇒チャペルで!?感動プロポーズ、サプライズのアイデア

彼女を喜ばせる指輪の選び方

プロポーズのときに渡す指輪は、婚約指輪(エンゲージリング)と呼ばれるものです。男性から女性へ、結婚の意志を伝え約束をする、婚約の記念品として贈られます。
「プロポーズ」や「婚約指輪」は女性にとっては永遠の憧れです。ただし、そうは言っても憧れのカタチは人それぞれ。喜んでもらうためには、彼女の好みや性格をよくふまえて選ぶ必要があります。

そもそもプロポーズに指輪って必要?

「プロポーズのときに、指輪を贈る」というイメージを持っている方は男女共に多く、特に女性にとっては「プロポーズ」と「指輪」はセットで憧れるものです。
どんな指輪でも嬉しいものですが、

「デザインが今ひとつ好みではなかった」

「サイズが合わなくてガッカリ」

といった残念な意見も。
指輪の選び方に自信がないという場合は、指輪は無しでプロポーズし、後日2人で一緒にショップへ行って購入するという選択肢もあります。
ただ、プロポーズが言葉だけでは、少し寂しいかもしれません。代わりに花束やアクセサリーなどの指輪以外のプレゼントを贈れば、彼女への気持ちをより伝えることができます。

値段の相場

婚約指輪にかかった費用は「30~40万円」が全体の約30%と、もっとも高くなっています。平均金額は、37.7万円です(ゼクシィ結婚トレンド調査2015調べ)。10万円未満や100万円以上という人もそれぞれ5%程度いますので、どれだけお金をかけるかは人それぞれの状況によるといえるでしょう。

中には、指輪にお金をかけるよりも今後の生活のためにその分貯金をしたり、新居にかける費用として使ったりしたいと思っている女性もいます。とはいえ、やはり「婚約指輪」は人生の節目にもなる、一生に一度の大切な記念品。

「もらったらやっぱり嬉しかった」

「プロポーズされたという実感がわいた」

「ケンカしたときに婚約指輪を見て、当時の気持ちを思い出して冷静になれた」

といった意見も多く見受けられます。

一生に一度だからと奮発しすぎる、逆に指輪はナシにする…というよりも、どれだけのお金をかけるのか、2人の考えのもと、無理のない予算を組んで購入することをオススメします。

⇒かかった費用について詳しくはこちら

ブランドものを選ぶべきか

ブランドショップ、ブライダル専門店、デパートのジュエリーショップなど多くの選択肢がある購入先。
ティファニーやカルティエなど、彼女に好みのブランドや、憧れのブランドがある場合は、そのブランドを第一候補に選びましょう。
また、ブランドには興味がなく、デザインや品質を重視する女性もいます。
ブランド、デザイン、品質、価格、などの中から「何を重要視するのか」をしっかりと考えて選ぶことが大切です。

ダイヤの「4C」って?

Diamond jewelry holding

婚約指輪というと、多くの人が思い浮かべる「ダイヤモンド」。「もっとも硬い石」であることから「壊れることのない愛」の象徴として好まれています。

ダイヤモンドの品質を表す4つの要素が「4C」です。これは「Cut(カット)」「Clarity(透明度)」「Color(色)」「Carat(カラット)」の頭文字を取ったもの。一般的によく使われている「**カラット」は重量の単位で、「数が大きくなる=重い=大きい」となりますが、この数字だけでダイヤモンドの価値が決まるわけではありません。4つの「C」を総合して判断されます。

箱で勝負も

高価な指輪を買う予算がなかったり、安い指輪を選択したりするにしても、高級感を演出できるリングケースがあります。
例えば、EXELCO「ローズボックス(Rose Box)」

蓋を開けると、プリザードフラワーにした深紅のバラに囲まれた指輪が現れます。パカっと開いたときのサプライズ感も大きく、また一生残しておける記念の品にもなります。

指輪サイズが分からない場合には

サプライズプロポーズをして、彼女に指輪を贈りたいけれど

「サイズが分からなくて買えない…」

というときには、どうすれば良いのでしょうか?
ダミーでレンタルした指輪やイミテーションリング、箱だけ準備するといった方法も考えられますが、

「一生に一度の記念品が仮の品というのはちょっと……」

という方におすすめしたいのが「スマイルプロポーズリング」。

サイズ調整が可能なリングにダイヤモンドを留めてプロポーズ、その後2人でサイズやデザインを選んだリングにダイヤモンドを付け替え、プロポーズに使ったリングには他の石を留めて記念品にするというサービスです。

ダイヤモンドは男性が選び、リングは女性が選ぶことができるので、2人で決めたセミオーダーの指輪ともいえます。

指輪の渡し方を工夫して、彼女に最高の瞬間をプレゼントしよう

婚約指輪は、もらえばそれだけでも嬉しいものですが、渡し方次第で喜びが倍増します。
指輪そのものをサプライズで準備した場合はもちろんですが、2人で選んだ場合でも「お店に彼女が1人で受け取りに行く」というようなことはせず、改めてプレゼントしましょう。

指輪を渡す適切なタイミングはいつ?

プロポーズと同時に渡すのであれば、そのタイミングと場所選びが大切になってきます。
思い出の場所、ロマンチックな場所、日常的で落ち着ける自宅など、彼女の好みや気持ちを考えて選んでください。

⇒プロポーズの場所はどこで?レストランvsその他 アイデアピックアップ

⇒チャペルで!?感動プロポーズ、サプライズのアイデア

「箱パカ」しよう!

「結婚してください」といったプロポーズの言葉と同時に、指輪の入った箱を出してパカっと開ける「箱パカ」。映画のワンシーンでよく見られる「片膝を付いて箱カパ」というのはプロポーズの王道で、多くの女性が憧れています。

diamond ring in a box

2人で指輪を選んだ場合も、改めて

「結婚してください」

「よろしくお願いします」

「結婚を承諾してくれてありがとう」

といった言葉と一緒に箱パカすれば、感動の瞬間になります。

一生に一度の大切な瞬間を目に焼き付けておくだけではなく、動画として録画して、あとから2人で思い出せる「カメラ付き」のリングケースもあります。

>YES CAM

彼女の驚きの顔、感動の表情をおさめるのは、夕日が輝く海辺の砂浜など背景がきれいな場所だとステキですね。
「世界的な美術品の前で」「隈研吾×オトニエルのチャペルで」など、絶好のシチュエーションがある軽井沢ニューアートミュージアムもおすすめです。

花束もぜひ用意を

花束を贈られるというのは、どんな女性にとっても嬉しいもの。
プロポーズというと指輪にばかり意識が向きがちですが、一緒に贈る花束があれば、より心に響きます。花言葉や本数に込められているメッセージを知って、彼女を喜ばせてあげてください。

⇒プロポーズで贈る花束の失敗しない選び方・渡し方

サプライズをするなら

フラッシュモブで大々的、または2人きりでロマンチックに、また「目の前に突然リングが現れる」というような手品を練習して驚かせるなど、サプライズの方法はいろいろあります。
彼女に喜んでもらうためには、場所やタイミングの選び方と準備が重要。そして何よりも、彼女がどういったシチュエーションが好きか、または嫌いかというリサーチが大切です。

⇒いつどこで渡す?サプライズな婚約指輪の渡し方【実例10選】

まとめ

プロポーズの指輪に「絶対こうでなければいけない」といった決まりはありません。一番大切なのは、自己満足ではなく、彼女の気持ちを思いやった「選び方」「渡し方」を考えること。
お2人にとって一生の思い出になる「プロポーズ記念日」になりますように!


pagetop