• 電話番号
軽井沢マガジン

結婚式の二次会費用どうする?会費・幹事へのお礼・新郎新婦の負担とは

 | 2016/09/08

二次会は、新郎新婦と幹事でつくるもの。だからこそ、費用の設定には悩みますよね。平均相場はどのくらいなのか、会場代や景品などかかる費用の内訳、誰が何をどこまで負担すべきか、などについて詳しく解説します。

Fotolia_62135491_XS

会費設定の仕方

二次会は「会費制」で行われるのが一般的です。
場所や内容が具体的になっている場合は、総予算の概算を人数で割って目安を立てます。また、過去に自分が出席した二次会の金額、周りの友人の相場などから、どの程度の金額が妥当なのかを新郎新婦と幹事で検討しましょう。
最終的な金額設定は、会場や内容が確定し、必要経費の目処がはっきりと立ってからの方が安心です。

【男女別】ゲスト1人当たりの会費目安

首都圏での二次会における会費の平均額は「男性7,100円、女性6,400円」。
割合としては、男性の場合は「8,000円~9,000円」が約41%、女性の場合は「7,000円~8,000円」が約37 %と最も高くなっています。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2015調べ )

男性の方が女性よりも飲食の量が多いということから、男女別の金額とし、500円~1,000円程度の差をつける場合が多いようです。

会費のグラフ

費用相場と予算の見積もり注意ポイント

二次会にかかる費用の大部分は「会場費」。
二次会会場に支払った総額の全国平均は「30.3万円」です。都道府県別にみると、首都圏平均は約40万円、長野・山梨は20万円弱と、地域によってかなり差があります。(ゼクシィ 結婚トレンド調査2015調べ)

これは、内容の違いよりも「場所代」による部分が大きいと考えられます。つまり、同じ内容でも首都圏の方が高額になってしまうということ。また、予算総額が同じだとすれば、首都圏以外の方が会場代以外のものにお金をかけられるということになります。

チャペルが多く挙式に人気な軽井沢、二次会にもよく利用される会場[レストランピエトリーノ]では1人当たり5,400円。どこにお金をかけるかはカップルそれぞれ。いろいろなパターンを考え、検討してみるとよいでしょう。

ドタキャンに備える

当日や直前になってのドタキャン率は1割程度と考えておくのが一般的です。急な仕事、インフルエンザなど「仕方ない事情」もありますが、「どうにもならないわけではないけれど、自分1人くらいならドタキャンでもいいかな」と軽く考えてしまう人も。
そのため、普段からよく会っている仲良しの友達だけに声をかけるのであれば、ドタキャン率も低いでしょう。
マメに連絡を取っているわけではない…という相手に出席をお願いする場合は、いきなり「二次会の案内」を送るのではなく、事前に電話やメールをしておくのがベターです。近況報告と一緒に、「ぜひ二次会に出席してください」「近々、案内を送らせて頂きます」と一言添えるだけで、出席する側の「二次会に向けての気持ち」が変わってきます。

かかる費用内訳

○会場費(場所代、飲食代):飲食代×人数
レストラン、ホテル、披露宴会場など、料理の提供を行っている施設の場合は「飲食代×人数」が会場費となる場合がほとんどです。料理内容などによって値段は違ってきますが、例えば「食事+飲み放題」で1人5,000円とすると、5,000円×人数という計算になります。貸し切りにすると「貸切代」が別途発生する場合もあります。

fotolia1863

○お花などの装飾費:メインテーブル(高砂)10,000円~、メインテーブル+ゲストテーブルセット20,000円~
テーブルに飾るお花。結婚式で使ったものを持ち込めば購入費用はかかりませんが、会場によっては「持込代」が必要になる場合もあります。
○新郎新婦衣装代:ドレスレンタル30,000円前後~
新婦はウェディングドレスまたはカラードレス、新郎はタキシードが一般的。披露宴で使ったものをそのままレンタルすれば割安になる場合もあるので、結婚式の準備をする時に二次会のことも考慮しておくとよいでしょう。
○マイク、音響、映像設備費:音響/プロジェクター 15,000円~50,000円
司会用マイクは必須です。他に、披露宴で使ったスライドやビデオ、また結婚式の様子などを上映するための映像設備があるとゲストも楽しむことができます。

芳名

○余興や受付で使う備品代:5,000円~10,000円
*受付用の筆記用具。
*写真を撮って一言メッセージを頂く場合、カメラとマジック。
*ウェルカムボード、クラッカー、ビンゴ等のゲーム用品。
○ゲーム景品代:10,000円~100,000万円
ビンゴやクイズなどの景品。参加人数にもよりますが、複数必要です。高額商品や珍しいものがあると盛り上がります。
○ゲストへのプチギフト代:500円×人数
全員へお渡しするので、人数分必要。500円位のお菓子や小物が一般的です。
○招待状:往復ハガキの場合104円(ハガキ代)×招待者数+印刷インク代等
返信用ハガキを同封した封書での案内、または往復ハガキの印刷代、送料。最近ではメールによる案内も併用されています。
○人件費:15,000円~50,000円
司会者への謝礼:プロにお願いするか友人に頼むかによって金額の差が出ますが、どちらにしても必要です。また、幹事、受付など、お手伝い頂いた方へのお礼も考えておきましょう。

新郎新婦はいくら負担する?

必ず負担すべき費用

新郎新婦

  • 新郎新婦衣装代
  • ゲストへのプチギフト代

この2つ以外の費用は、どこまで新郎新婦が負担するのかカップルによって変わってきます。

また、当日ドタキャンが出てしまった等、予定通りにならない事態も考えられます。「もしも予算オーバーしてしまったら、私達(新郎新婦)で負担します」という旨を幹事さんに伝えておくという配慮を。結婚式や引越し等、何かと出費がかさむ時期ですが、一生に一度のお祝いごとです。参加してくださるゲストやお手伝いしてくださる幹事さんへの気遣いも忘れず、ある程度の持ち出しは想定しておく必要があります。

ゲストの会費でまかなう方法も

会費は「飲食代+α」。
会場でかかる費用(備品代、ゲーム景品代など)は、「+α」の部分で上乗せした金額を充てて会費設定するのも可能です。
ゲストの負担を考えると、会費はなるべく安くしたいところですが、飲食代のみでは相当額の持ち出しになってしまいます。会費を安くできない分、美味しいお料理やお酒、楽しい時間を充実させ「行ってよかった!」と思ってもらえる二次会にしましょう。さらに、新郎新婦の負担も軽減することができれば、それに越したことはありません。

幹事へのお礼はどうしたらいい?

「会費はいらない」と言うと、他のゲストの会費で幹事分をまかなっているイメージになってしまいます。この場合、次のようにするとよいでしょう。

  1. 「会費は私達が負担します」と事前に伝えておき、徴収しない。
  2. 当日は支払ってもらい、会費相当額を後日お礼として渡す。

こういったやり方だとスマートですね。

また当日の会費以外でも、打ち合わせや交通費など、幹事さんの負担は大きいもの。後日お礼を兼ねて、お食事に招いたり、新婚旅行のお土産を特別にしたりして「ありがとう!」の気持ちを伝えましょう。

幹事さんに聞く!実際どんなことが大変?よかった?

仕事が忙しい時期に下見や交渉⇒盛大にできて大成功!やりがいのある経験

親友の結婚式の二次会の幹事を務めました。友人と私2人でやったのですが、友人も私も仕事が忙しい時期でして、手分けをしまして、お互い時間の合間をぬって、絞りこんだ会場(お店)の下見、人数や費用の交渉に追われ、日にちも迫ってきまして、とても焦り大変でした。しかし、なんとか間に合いまして、3時間貸し切りで、飲み放題、ビュッフェ形式で、参加者1人5000円で抑えられるようにできました。とても大変でしたが、大切な親友のおめでたい席で、幹事を任せて貰えましたこと、新郎新婦、参加者の方が喜んで下さり、盛大にできましたこと、大成功したことが本当に幸せでした。とてもやりがいのある経験になりました。

相手方の幹事と初対面で不安…当日は予定通りに進まない上、新婦が酔いつぶれた!

まず大変だったことは、私は新郎側の幹事なのですが、新婦側の幹事とは初対面だったことです。

とてもフレンドリーな方で要領も良かったので結果的に助けられましたが、初めは不安だらけでした。

会場は新郎新婦が手配をし、進行とビンゴの景品決めを4人で打ち合わせしました。

4人での打ち合わせは2回ほど行い、最後はお店の担当者も含めて5人で打ち合わせしました。

ビンゴの景品予算は7万円で、大半は新郎新婦の出費です。

特に大変だったのが当日で、時間通りに全員集まらないし、ハメを外したがる人達もいるので、予定通り進行できずに、店から「閉店の時間なのでそろそろ…」と何度も催促される状況でした。

挙げ句の果てにテンションが上がって飲み過ぎた新婦が酔い潰れて、二次会が終わった後トイレから出てこないトラブル。本当にバタバタでしたが、後日友人から最高だったよと感謝されたときはやって良かったなと思いました。

幹事同士の予定を組むのが大変⇒二次会をきっかけにカップル誕生!

今まで4回二次会の幹事とその司会をやりました。大変だったことは、まず幹事達の予定が合わない。新婦側と新郎側の幹事が出るのが普通ですが、幹事同士は友人ではないので気を使いながら予定を組むことになります。もちろんドタキャンなんてもってのほか。コミュニケーション能力に長けた人たちが集まる事が、二次会の幹事には必要だと思います。でも無事に成功し盛り上がってもらえたり、二次会がきっかけで次のカップルが誕生なんてこともありました。参加者の方に楽しんでもらえて、新郎新婦が楽しそうに笑っているのを見るとそれまでの苦労も吹き飛びます。

まとめ

結婚式と同様に、一生に一度の大きなイベントとなる二次会。誰もが負担に感じない費用設定を心がけ、ゲスト、幹事、新郎新婦共に、満足度の高いステキな会を開催しましょう!


pagetop